いちばんちいさなうみ

本やマンガ、アイドル、ファッション、カフェ…。好きなものを書きます。

【タリーズ】白のパリ・ブレスト【ホワイトチョコ】

 

INDEX

 

パリ・ブレストとは

その名の通り、フランスのお菓子です。

リング状のシュークリームですね。お菓子作りが好きな人・好きだった人は、本で一度はみたことあるはず。

シュークリームとちょっと違うのは、まず、大きさ。

ケーキなので、基本的にはホールの大きさをしていて、切り分けていくお菓子なんです。

そして形。

シューの中にクリームがあるのではなく、リング状に焼き上げたシュー生地で、クリームをサンドする形です。

例外なくかわいいんです。

この形は自転車の車輪を模しているそうで、「リングシュー」と呼ばれることも。

この形から、クリスマスのお菓子にもなっているとか。

たしかに、リースみたいなケーキです。

 

タリーズのパリ・ブレスト

タリーズは最初から1人分の、小さなパリ・ブレストを作りました。

f:id:ame_co:20191112193527j:image

上から見たら、まるでドーナツ。

でも…キラキラしてるのわかります?

クリスマスっぽくて可愛くて、お姫様みたいなパリ・ブレストに仕上がっていました。

表面の白いのは、もちろんホワイトチョコレート。

可愛くておいしそう。

 

写真よりも豪華じゃない…?

ここで、ちょっと思ったのが…サイトの商品写真よりも本物の方がインパクト強くない?

f:id:ame_co:20191112115212j:image

サイトの写真も十分可愛くておいしそうなんでけど…

f:id:ame_co:20191112193543j:image

f:id:ame_co:20191112193553j:image

上のチョコのボリュームが…すごくないですか?

中のクリームはちょっとボリュームが…って思うのはわかります。

が。

ごめんなさい、食べてて気づいたので、汚くてほんと申し訳ないんですが…。

見てください、コレ↓。

f:id:ame_co:20191112193636j:image

クリーム、ぎっしり。

ボリュームが更に落ちてるのは、フォークとナイフを使って切ったから、潰れちゃったんです…。

 

遠慮しないレベルの甘さが最高

まず、上のチョコレート。

パリパリのチョコじゃないんです。

ねっとりしているホワイトチョコレートなので、まず、この甘さがしつこくて最高(まじ褒めてる)。

しかも中がたっぷりのホイップクリーム

甘さ×甘さ

が、まじ、最高。

「甘すぎる」なんて言葉には、「じゃあスイーツ食うな」って言い返したくなる。

正直私も「こんなに甘いもの食べて大丈夫だろうか」と悩んでから(かわいいから)注文したのですが…。

この、甘さの潔さに、持って行かれました。

(でも、カフェラテと一緒に食べないと無理だったかも(-_-;))

 

シュー生地はしっとりめ

わたしが注文するとき迷ったのは、もう一つ理由があります。

シュー生地が、怖いんです。

ボロッボロのぐっちゃぐちゃになるんですよ。

普段はさっきの写真レベルじゃありません。

でも、さっきのレベルで済んだのは…生地がしっとりめで、ナイフを入れてもすごく切りやすかったんです。

むしろ、表面のチョコのねっとりの方がちょっと大変だったくらいです。

 

全体的にあっさりなんてしていない、甘さの暴力。あと5回は食べたいです。

本当においしいので、甘いものを欲してる時はぜひこのパリ・ブレストをどうぞ!

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。