いちばんちいさなうみ

本やマンガ、アイドル、ファッション、カフェ…。好きなものを書きます。

【タリーズ】モンブラン プディングタルト

 

秋は、おいしい季節です。

おいしいものがいっぱいあります。

もう、ダイエットとか気にしちゃいられません。

必死で食らいついていきます。秋の味覚戦争に。

今日はタリーズより、『モンブラン プディングタルト』。

 

INDEX

 

 

秋のタリーズスイーツ

みてください、このポスター。

f:id:ame_co:20190918195110j:image

秋色が……おいしそうでしょ?

タリーズの秋のスイーツは

・カラメルミルクレープ アーモンド&ウォルナッツ

・モンブラン プディングタルト

・ブリュッセルワッフル 洋梨ソルティーキャラメル

です。カタカナだらけ。

つまり、オシャレスイーツ。

全然、ぜんぜん、そんなつもりじゃなかったんです。

タリーズの前を、通りかかっただけだったんです。

通りかかっただけ、だったのに……。

気づいたら、ポスターガン見してて……。

気づいたら、タリーズに入ってて…………。

 

モンブラン プディングタルト

と、本日のコーヒーを

f:id:ame_co:20190918212018j:image

注文してしまった……!!

手前のサンドイッチのとこに、プラスチックパックに入ったのが1つだけ置いてありました。

店員さんに「そこから取ってください」て言われて、手にした時点で「(……なにげに小さくない?)」と思いました。思いましたが…

うん。小さめ。

お皿の真ん中にちょこんですよ。

普通のケーキよりひと回り小さいので、ちょっとだけ注意です。

しかし…みてください。このモンブラン。

f:id:ame_co:20190918213815j:image

モンブランきれい。美味しそう。

断面は、↓な感じ。

f:id:ame_co:20190918213901j:image

プディングということで、タルトの上、プディングの下に、カラメルっぽいラインがあります。

 

もちろん、おいしい……!

モンブランもプリンも大好きなわたし。

ワクワクしながら口に入れると……

見た目どおり、めちゃくちゃ甘くて、おいしい……!

上からフォークを入れて、全部の層を一気に口に入れると、濃厚なモンブランって感じです。

プリンの部分もモンブラン入ってるのかな?と思ったんですけど、プリンの部分はなんと、カスタードプリンのクリームでした。

f:id:ame_co:20190918214524j:image

だから、甘さが濃厚になっていたんですね。

モンブランとプリン部分は一緒に食べた方がおいしいです。

タルト部分は、厚いせいか、普通のタルトよりはしっとりしてます。風味も感じます。

それでも、普通のタルト比較なので…ボロボロします。フォークを入れるときは、ご注意ください。

 

『プディング』っていう響きに憧れちゃう

有名な冒険小説「宝島」。

そのお話の中で、船でプディングが出されるんですよ。それが贅沢品のような感覚(…だった気がするんですけど…)だからか、憧れのようなものが、ずっとあるんです。『プディング』に。

日本では甘いカスタードプリンと同じ意味で使われますが、本当は小麦粉とか卵とかを使って固めた「蒸した料理」なんです。

なので、しょっぱいものも、もちろんあります。

作り方もインターネットで検索すれば出てくるので、やろうと思えば作れると思います(思うだけ)。

でも、日本では、カスタードプリンと一緒の使い方をされます。

わかっちゃいるけど…言っちゃいますよね「プディング1つ」って。

言いたい。

「プディング」言いたい。

ヨーロッパの船乗り気分になりたい。

こんなにおいしそうな3種類の中からこれを選んだのは、こんな理由です。

ぜひみなさんも、船乗り気分で注文してみてください。

(注:手前にあるからとってくださいって言われるパターンもあるのでご注意ください)

 

最後まで読んでいいただき、ありがとうございました!