いちばんちいさなうみ

本やマンガ、アイドル、ファッション、カフェ…。好きなものを書きます。

【絵本】何度読んでも笑っちゃう『もうぬげない』【もう、おしまいだ】

 

イライラしたら、ぜひ読んでほしい本。

『もうぬげない』の紹介です。

 

INDEX

『もうぬげない』

ふくがひっかかってぬげなくなって、もう どれくらいたったのかしら。このままずっとぬげなかったらどうしよう。このままおとなになるのかな。ぬがないまま、工夫しながら生きる? ぬげない仲間をみつけて、たのしく生きる? あれこれ考えるうち、だんだんおなかがさむくなってきて......

(ブロンズ新社ホームパージ/もうぬげない)

以前も紹介しました、ヨシタケシンスケさんの本です。

ヨシタケシンスケさんを知った本が、この『もうぬげない』です。

衝撃でした。

ブロンズ新社のホームページによると

・ボローニャ・ラガッツィ賞2017 受賞(イタリア)
・第9回 MOE絵本屋さん大賞第1位
・第7回 リブロ絵本大賞 入賞
・第5回 街の本屋が選んだ絵本大賞
・第9回 この本よかっ! 第1位
・第26回 けんぶち絵本の里大賞
・第5回 静岡書店大賞児童書新作部門 第1位

「絵本ってこんなに賞があるんですか!?」

と声が出たくらい、たくさんの賞をとっています。

審査員のみなさんも、衝撃だったんですよね。わかります。

しかも、1番上の賞、イタリアなんですよ!

海外でも通用するのか…と思ったけど、こどもの可愛い笑っちゃう行動っていうのは、きっとどこの国もおなじですもんね。

ヨシタケシンスケさんって、本当にそういうのが上手!

 

いきなりぬげない

「ぼくのふくが ひっかかって ぬげなくなって、

もう どのくらい たったのかしら。」

この文章から、お話がはじまります。

そう、本を開いたらもはやぬげない状態。いきなりぬげないんです。

お風呂に入ろうと、上の服を脱ごうとしたんです。

そしたらお母さんがいそいで脱がそうとして、ガバっ!と上にひっぱったらひっかかっちゃったんです(表紙の絵だと思われます)。

だから、ひとりでぬぐから!って言ってはみたものの…。

 

めちゃくちゃポジティブでがんばりや

タイトルでわかるので書いてしまいますが、ぬげないんです。

とにかく、ぬげないんです。

もう、ぬげない。

ところが、そこはこどもの頭の中。

ずっとこのままなのかな?って、なるんですね。

ここからがめちゃくちゃヨシタケシンスケさんなんです。

ヨシタケシンスケさんの描くこどもたちって、こどもの頭でいろんなことを考えるんです。

これがとってもおもしろい。

そして、みんなポジティブなんですね。

この本では男の子による、

大喜利:もしもずっとこのままだったら(勝手に命名)

がはじまります。

この男の子ももちろんポジティブだし、めちゃくちゃがんばって考えます。なんとか生きていけるんじゃないかって、読んでるわたしも思っちゃいます。

がんばってるんだけど…ほんとに可愛くて、笑っちゃうんです。

 

もう、おしまいだ

どれくらいぬげないって、ポジティブでがんばりやな男の子が絶望するくらい、ぬげません。

でも…ちゃんとお話は進むし、終わりがきます。

ちゃんと最後まで読んでくださいね。

誰が読んでも、楽しく読めます。

いや、笑っちゃいます。

 

イライラしてる時、ぜひ読んで欲しい

私たち大人も普段、人間関係やなんかで絶望、感じるじゃないですか。

「もう、おしまいだ」

って、そのまま使えるシーンは毎日あります(笑)。

なのにこの本を読むと、どうでもよくなります

中身は全然違うけど、男の子も、私たちも、同じく絶望しているんです。

その、男の子の絶望を…

あの…

笑っちゃうんです(ごめんね)。

すっごくイライラしているときに読んでも、絶望に対してふふってなって、気づいたらイライラが減っています。

こんな本を書けるって、すごいなぁと、ヨシタケシンスケさんの本はどれを読んでも思います。

でも…この本はとにかく衝撃(笑)。

ぜひ、読んでみてください。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。