いちばんちいさなうみ

本やマンガ、アイドル、ファッション、カフェ…。好きなものを書きます。

【読書】文章力の基本

 

以前、ブログ書くの大変じゃない!?ていう記事を書いたんです。

それで、「作文の本買ってきます」って言ってて…

いざ探したら、めちゃくちゃあるんですね!

何冊か読んだので、その中からおススメ本を紹介します。

 

INDEX

 

 

『文章力の基本』

f:id:ame_co:20190818140829j:image

 

 内容紹介
◇ありそうでなかった、「わかりやすく、伝わる文章」を書くための基本

「文章を書く機会」は仕事上はもちろん、メールやブログなど生活上避けて通れない。にもかかわらず、文章力の有無によって、評価されるという事実はあまり意識されていない。また、「話し方の基本」について書かれた本はたくさんあるが、「書き方の基本」を教えてくれる本はありそうでない。本書は、「ムダなく、短く、スッキリ」書いて、「誤解なく、正確に、スラスラ」伝わる文章力の基本を、難しい文法用語を使わずに解説します。

◇ムダを削って、短く、スッキリ書くための実践的な77のテクニック

文章を扱うすべての人が、つい気づかずにやってしまうミスを「例文→改善案」という構成で指摘します。ビジネスシーンから日常的な文章まで多くの文例をもとに、イラスト、図解を交えながら、わかりやすく、即効性のある実践的な内容になっています。「短く」「正しく」「明確に」「簡潔に」「共感を呼ぶように」「視覚的に」をキーワードに、簡単だけど誰も教えてくれなかった77のテクニックにより、文章力が自然に身につきます

Amazon商品紹介より)

 

基本中の基本

「伝わる文章」を書くための、基本中の基本が書かれた本です。

基本中の基本。

こう書いてしまうと、初心者用かなと思うかもしれません。ですが、そんなことないんですよ。

目次の大きな章を紹介します。

第1章 短く書く

第2章 自然な正しい表現で書く

第3章 言いたいことを明確にする

第4章 分かりやすく書く

第5章 簡潔に書く

第6章 共感を呼ぶように書く

第7章 表記とレイアウトにも心を配る

(文章力の基本目次より)

こうして読むと、わかっていること、ですよね。

まぁそうだよね、と思って読みますよね。

そうなんだけど、わかっているけど、明確にどうすればいいのか…と考えると、はっきりわからない項目もありませんか?

これらの内容を、さらに細かい項目に分けて説明しています。

つまりどう直せばいいのかを、簡潔に、ひとつひとつ、教えてくれるんです。

私はこうして文章を書いていて、「ここは気を付けるべきなのか、気にしなくていいのか…」と思うことがとても多いのですが(そして大体は気がつかなかったことにしますが…)、この本に『気をつけなきゃ伝わらないでしょ!』て指摘された気持ちです(; ・`д・´)ですよね!ありがとうございます!

たしかに初心者用、でもあると思います。

ですが、学生さんにも、ベテラン社会人さんにもおススメです。文章で伝えなければいけない機会がある人、全員の役に立つ本だからです(そして文章を書かない人はなかなかいないと思います)。

 

教科書のような一冊。

この本を、そのまま教科書にして欲しかったなぁと思います。

義務教育で学ぶべき(学んだはずの)内容がぎっしり詰まっています。タイトルに『文章力』とありますが、まず、文章の書き方(主語と述語の関係や、「ておには」の使い方など)から学んでいくんです。そして後半は、

「目に浮かぶように書く」

「強調する言葉は控えめに使う」

等、ポイントも教えてくれるんですね。

必ず例文もあるので、「あ、私もこんな書き方しちゃう…」→「こう直すのかなるほど」と、添削してもらった気持ちになりながら読み進めます。

つまり…

かなり、わかりやすいです。

文章の基本の辞典のようであり、詰め合わせのようでもあり、な「基本中の基本」の本です。

 

この本の初版は2009年8月1日に発行です。

そして私が田舎のTSUTAYAで買ったこの本は、

2018年11月1日第48刷発行

ですって。

す、すごくない…?

しかも私、田舎のTSUTAYAで買ってるんですよ?

田舎って、平積みでもされてなきゃ、ずーーっと売れないで本棚に眠ってる本も結構あるんですよ。なのに、2018年のものが置いてあるし…。

 

みなさん、文章に悩んでいるんですね…。

 

私もです………!!

 

ですが、きっと、購入したみなさんの教科書になっていることと思います。

もちろん、私も…!

そんな確信が持てるくらい、しっかり教えてくれる本です。

 

文章に自信がない人も、文章を書くのが好きな人も、ぜひ、読んでみてください。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!