いちばんちいさなうみ

本やマンガ、アイドル、ファッション、カフェ…。好きなものを書きます。

【読書】もぐ∞

 

今日は久しぶりに、本の記事!

最近はずっとカフェメニューかアイドルだったから…

と、いっても、

f:id:ame_co:20190815212931j:image

本のタイトルは「もぐ∞」。

詩人・最果タヒさんの、「たべる」を語るエッセイです。

テーマとしては…変わらないかも(笑)

 

INDEX

 

 もぐ∞

 

内容紹介
ほぼ、書き下ろし!! 詩人・最果タヒが、「食べる」について綴った異色のエッセイ集登場! 食べ物へのあきらめ、偏愛、「好き」という感情について語りつくした自由度無限大の一冊。 「ぼくの理想はカレーかラーメン」「大人は温度を食べている」 「良いサンドウィッチはミステリー」「ジャジャーン!ポールエヴァン!」など25作品収録!! 味覚は、人間が外部を「感じとる」ための道具なわけだ。 だとしたら、その味覚は幸せを呼ぶためだけのものでも、飢餓状態を回復するためでもなくて、 世界を見るためのものかもしれない。(「担々麺経由世界行き」より抜粋)

Amazon商品の説明より)

 最果タヒさん

 1986年、神戸市生まれ。2008年、『グッドモーニング』で中原中也賞を受賞。2015年、『死んでしまう系のぼくらに』で現代詩花椿賞を受賞。詩集に『空が分裂する』『夜空はいつでも最高密度の青色だ』『愛の縫い目はここ』、小説に『星か獣になる季節』『かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。』『渦森今日子は宇宙に期待しない。』『少女ABCDEFGHIJKLMN』『十代に共感する奴はみんな噓つき』、エッセイに『きみの言い訳は最高の芸術』、対談集に『ことばの恐竜』がある。

(『もぐ∞』より)

 「たべる」ことを考えたり、楽しんだりする本。

なんて言い表せばいいのか、わかりません。それくらい、自由な本です。子供のような感覚かもしれません。

でも、共感します、きっと。

たとえば、オムライスのお話があります。私は小学生の時からオムライスが大好きなので、わくわくしながら読み始めました。

ところが最果さんは、イメージしているオムライスが出てくるのか、本当に今オムライスを食べるべきなのか、これらについて悩み始めちゃうんです。しかも、お店の前で(笑)。

その悩みがまた、深みにはまっちゃうんですね。

そして「幸せを諦めるように」お店に入っちゃって、最後には幸せを望むことがファンタジーに思えるくらいの境地になっちゃいます(笑)。

気がついたらタイトルを見た時のわくわくと、違うわくわくに変換されていました。

全25作、違う方向に突き進みますが、全部楽しく読みましたヽ(^o^)丿

 

特に共感した2作

『パフェはたべものの天才』

わたし、常々「パフェは王様」って言い続けてたんですよ。

こんなところに!同志が!!!と、大喜びで読みました。

しかも想像以上のパフェ好きで、もう一つ『パフェは自給自足のロマンチック』というタイトルもあります。この本の25作中2作がパフェです。

いいよね、パフェ。

カロリーとかいろいろ考えると罪深いと思ってたけど、この本を読んでから今はよく頼んじゃってます、パフェ。だって、天才なんだもの。

 

『アイスクリームは魔法味』

この作品は、最果さんが子供の頃に読んだ本のお話からはじまります。

そして、思い出しました。

私もその本、大好きだった。

絶対、大好きだった。

この記事を書くにあたってまた思い出したので、探しました。

 

 

やっと…みつけた…!

これを最果さんも読んでいたのか…と考えてしまいますね(よく考えたら同い年だから同じものを読んでいたと思われる)。

この本はタイトルどおり、アイスクリームの国へ招待されるんです。

私も、この世界はなぜだかかなり信じ込んで、魅力的に感じました。

このお話から始まるアイスのお話、とってもかわいい&そうだよね~!と思います。

やっぱりアイスはファンタジー要素があるんだなぁ。

アイスはペンギンさんが作ってる。きっと、作ってる。そう思いたいんです。

 

 

ちょっと伝わったかもしれないですが…。

1つ1つの食べ物への感情を、深堀していきます。

 

つまり、

 

おなかがへります。

 

でも食べることに、罪深さなんて感じません。

 

たのしく、たべたい!なんです。

やっぱりおいしいもの食べるのって、幸せですもんね。

毎日美味しいものをたべて、しあわせを感じましょ╰(*´︶`*)╯♡

 

そんな気分になる本です(笑)

おススメです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!