いちばんちいさなうみ

本やマンガ、アイドル、ファッション、カフェ…。好きなものを書きます。

【読書】心と身体が疲れているとき、子ども向けの本もおススメ

 

つかれている時

体力がない時

なんだか、だる〜い時

本が読めない時、ありますよね。

これが続いて、気がつくと何年も経っちゃったり、するんです。

そうはなりたくないなぁ。

でも、読む気しないなぁ…という方へ。

『子ども向けの本』、おススメです!

 

INDEX

 

 

したい時に、読みたい本を読むのが読書

私は「読みたい本を読むから意味がある」と思っています。

だから、読みたくない時は、無理に読まなくていいと思っています。読まなくていいというか、そういう時は、読むべきではない、くらいの気持ちです。

読みたくない時に読むなんて、辛いじゃないですか。

「読みたいから読む」。

これじゃないと、どんなに面白い内容でも、ちゃんと自分に入ってこないと思うんです。

 

でも、読書しないのはもったいない

とはいえ、1回読むのをやめると、何ヶ月、ときには何年も読まなくなる時もあります。

私は、何度もありました。

でも、そんな時は、「読まなきゃなぁ」と思うんです。

読もうという、気持ちはあるんです。

なのに身体が重いんです。頭が働かないんです。

そんな頭で、一冊分の文字を目で追って、頭でイメージを作ることって…考えただけで疲れてしまう…みなさんもそんな時、ありませんか?

でも…

本当は疲れている時こそ、読書すべきなんですよね。

読書っていうのは、頭の中が現実じゃないものでいっぱいになる、ストレスを減らしてくれるすごいツールなんです。

だから、ストレスで疲れている時こそ、読むべきなんです。

せっかくもともと読書が好きなのに、読まないなんて、もったいない!んです!!

 

再度「読み切る」努力

本の面白いところって、「自分の頭の中だけで、いくらでもイメージができること」だと思うんです。

でも、先にも書いたようにこれが…身体や心が疲れてる時は、負担になってしまいます。その状態が続くと、癖がなくなって、何カ月、何年コースまっしぐら…。

本が好きなみなさん。

この状態の自分…嫌いになっちゃったりしませんか…?

私は……なりました。

なので、考えました。

しかし、私の属性は、面倒くさがりの三日坊主。

昔から何より考えることは「いかに効率よくサボるか」。

こんな自分がもう一度頑張る方法(でも頑張りたくない)。

考えることも面倒くさくなりながら、気付いたら忘れたりしながら…

やっとたどり着いたのが、「読み切ること」でした。

読み切ることができないと、苦手意識ができてしまいます。

ですが読み切ると…達成感が生まれませんか?

私はこの達成感のおかげで「趣味は読書」に戻ってまいりました…!('◇')ゞ

 

おススメなジャンル

「読み切ること」

読めない時は、これを軸に本を選んでも、いいと思うんです。

「読める本」を探すといいんですね。

私が読みきった、おススメな本たちは

・子ども向けの本

・薄い文庫本

・エッセイ

・興味のある分野の本

です。

その中から、『子ども向けの本』をちょっとだけ、紹介します。

 

『子供向けの本』

なぜ上の中からこれを選んだかというと…

読んでみたら、想像よりもおもしろかったからです。

『子ども向けの本』って、今、いろんなものがあるんですよ。

絵本、児童書、図鑑、漫画…

どれもこれも、子どもに興味を持ってもらう工夫がいっぱいで、私が子供の時に読んでいたら…もっと大きい人間になっていたにちがいない。←こんな勘違いを起こすレベルでおもしろいんです。

これらは、

・イラストが「イメージする」のを助けてくれる

・言葉が優しくて、内容がわかりやすい

・文字が大きくて、スイスイ読める(すぐ読み終わることができる)

・意外と深くて勉強になる

・世界がやさしい

・可愛らしくて癒される

etc…

なにより「読み切ること」が、容易です。

以下はほんの一部ですが、よければ本の内容だけでも、見てみてください。

私が読んだ『子ども向けの本』から、おススメ5冊です。

 

絵本『ころべばいいのに』ヨシタケシンスケ

これ…ひたすらかわいいです。

主人公の女の子は、嫌なことがたくさんあって心がドロドロになってるんです。それで学校からの帰り道、ひたすら考えながら歩きます。

そんな女の子に「そうなんだよね。そうなんだよね。」とついつい話しかけたくなるような本です。

 

絵本『魔女図鑑-魔女になるための11のレッスン』マルカム・バード

最近の「ゆるくてかわいい」とは、全然違います。「キラキラ」でもないです。

昔からの魔女イメージです。でもこれでこそ…魔女!!

読むと「最近の良いことばかり見せる世の中、つまんないな…」って思っちゃいます。

魔女になりたい!

 

児童書『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』久米絵美里

シリーズがたくさん出ていたので、買ってみた本です。

「朝日小学生新聞」に連載されていたものが単行本化されたそうです。

高校生までは言葉を大事にしていたんですけど…大人になると、なぜ頭を使わず、雰囲気だけで、ノリだけで話してしまうのか…反省した本です。

 

児童書『あるかしら書店』ヨシタケシンスケ

この本は、以前の記事でも書きました。

とにかくおススメ!「趣味は読書」って言いたくなること間違いなし!

www.rubyrubysea.com

↑過去記事。

 

図鑑『元JAXA研究員も驚いた! ヤバい「宇宙図鑑」』谷岡 憲隆 

イラストがたくさんで、文字もめちゃくちゃ大きい…けど内容が濃くて、面白い本。

この本を小学生の時に読んでいたら、私は宇宙を目指していたかもしれない…!

それくらい、詳しいのに楽しい本です。

 

簡単になっちゃってすみません。

何を厳選すべきかわからなくて…昔から有名な児童書、以外を選びました。

よかったら、図書館等に行ったら見てみてください。

でも、結局は…

「自分が読みたいと思った本」

これに勝るものはありません!

よかったらみなさんのおススメも、教えてください(*‘∀‘)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。