いちばんちいさなうみ

本やマンガ、アイドル、ファッション、カフェ…。好きなものを書きます。

【ハッピーハロウィン】ハロウィンは占いやおまじないと相性がいい

今日は、ハロウィンですね。

みなさんは、ハロウィンらしいこと、しましたか?

わたしは、可愛いお菓子くらいは買ってくればよかった~( ;∀;)と思っていたところです。

なので、ちょっと違う視点から…ハロウィンについて、ちょっとだけ調べてみました。

 

INDEX

 

そもそもハロウィンとは

発祥は古代ケルト人の秋の収穫を祝うお祭りと言われています。

古代ケルトでは11月1日から新年が始まるため、新年を祝う行事みたいなものだったんです。

また、その時代は1日の始まりは日没からだったため、実際には11月1日の始まりがその時間でした。今で言えば、10月31日の夜になるんですね。

日本ではキリスト教の行事と思われがちですが、古代ケルトなのでキリスト教とは別物です。むしろ異教徒の行事なので、地域等によって、容認否認さまざまなようです。

 

ハロウィンは人間もおばけも魔女もいる日🎃👻

10月31日の夜(昔でいえば11月1日になった夜)は、あの世から死者の霊が家族に会いにやってきます。そのときに、一緒におばけや魔女なんかもあっちの世界から出てきちゃうので、身を守るために仮面をつけていたそうです。

ハロウィンの仮装はもちろん、ここからきています。

ちなみに。

「Trick or treat!(お菓子くれなきゃいたずらするぞ!)」って言うじゃないですか。

だからお菓子をあげるんだって認識ですけど、あげないでいたずらされるパターンもあるのかな?と思って調べてみたら、あるみたいです。

あるっていうか、許されることになっているそうです。

玄関にライトをつけると「訪問OK」の意思表示になり、にもかかわらずお菓子をあげないお家には、いたずらをしていいんだそうです。

というか、いたずら合戦がはじまるらしい…。

なにそれ…めちゃくちゃ可愛くない???

むしろお菓子もらえない方が楽しいパターンあるんじゃないか…?

でもそんな楽しいお家なら、最後には結局お菓子くれるってことになるんだろうな(*'▽'*)よけい楽しいし可愛いしほほえましい。

 

占いやおまじないをするにはハロウィン

昔は、この時期は霊界の門が開き、あの世とこの世で自由に行き来ができるようになると信じられていました。

はじめは「亡くなった人がくるってことは、お盆みたいなイメージかな?」と思っていたのですが、「死者と一緒におばけも魔女も」となると、もっともっと曖昧になるようですね。

霊界っていうか、魔界もって感じがします。魔女なんかもいるところが、西洋な感じですよね。

そんな、おばけも魔女も死んだ人間も生きてる人間も誰が誰だかわかんなくなっちゃう、ハロウィン。

占いやおまじないをするには、うってつけの日なんですって。

なんたって霊界・魔界の門が開いてますから。

自由に行き来ができるから、私たちもいけちゃうってことみたいです。

願い事が叶いやすいし、占いでむこうの声が聴きやすい。

そしていわゆる「第6感」、「ひらめき」なども、ビビッとくるかも!?な状態なんですって。

こんなハロウィンの参加のしかたも、ちょっと変わってて、でもちょっと本格的な気もして、おもしろいですね。

f:id:ame_co:20191031192333j:plain

 

いかがでしたか?

日本では「コスプレパーティーの日」になりつつありますが…ハロウィンって、いろんな角度から、いろんな見方ができるんですね。

なにかに迷っている方は、占いのサイトやYouTubeなんかで背中を押してもらえるかもしれない。おまじないでちょっと勇気がわいてくるかもしれない。

なにかのきっかけにするにも、良い日かもしれません。

なんてったって、「新年」ですから。

みなさんが楽しいハロウィンを過ごせますように!

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

よかったら↓もみてね。

www.rubyrubysea.com